HOME > ビバシティ彦根からのお知らせ >> クリスマス音楽祭 in VIVA2019♪12/14(土)☆チケット好評販売中!

ビバシティ彦根からのお知らせ

クリスマス音楽祭 in VIVA2019♪12/14(土)☆チケット好評販売中!

クリスマス音楽祭 in VIVA2019

2019年の冬を彩るアーティストたちの夢の競演

12月14日(土)

[OPEN] 13:30 ~
[START] 14:00 ~17:00(予定)

入場料 / お1人様1,000円(税込)
先着400名様限り(3歳以下は無料)
※座席は自由席です

アーティストグッズが当たる抽選会も同時開催!

2階ビバシティホール

1階インフォメーションにてチケット販売中!

下記チラシもご覧ください!

[ 出演アーティスト ]

近江笑人よさこいチーム

2012年7月に結成したよさこい鳴子踊りのチームです。
米原市を拠点に滋賀県各所で活動しています。
チーム名の由来は滋賀の商売人、近江商人です。
よさこい版、三方よし「踊ってよし、見てよし、心よし」を
キーワードに地域イベントに参加しています。
ふるさとをもっと大好きになれる演舞を目指し、
オリジナル曲には地元滋賀県の代表曲である
「琵琶湖周航の歌」を取り入れています。
2018年からスタートした~Lefa~ボーカルの
北川陽大さんとコラボにも注目です。

~Lefa~

2010年11月Vo北川陽大(滋賀県出身)とKey&Gt河野弘行(大阪府出身)
の2人で活動開始。約一年後の2012年1月日本コロムビア系
ジェーズプロデュースよりメジャーデビュー。
これまでにシングルを3枚、アルバムを1枚発売し、
地元関西を中心にスマッシュヒット。
第二弾シングル『君の笑顔見たいから』第三弾シングル
『少年のように』はそれぞれ、全国で47位と62位になるなど
TBS系カウントダウンTVのランキングにチャートインした。
また、TVやラジオなどの出演も多い。
2015年より同じ滋賀県出身のプロ野球選手、
東北楽天ゴールデンイーグルスのエースピッチャー
則本昂大選手の登場&応援曲を任されている。

平野里沙

大阪出身ピアノ弾き語りシンガーソングライター。
ハイトーンボイスのボーカルとピアノを軸に
POPでHAPPYな旋律を独自のファンタジーな世界観で表現する。
2012年シングル『トンネルの向こう側』でインディーズデビュー。
大阪・心斎橋BIGCATにて2015年・2016年と2年連続ワンマンライブを開催。
その後、原点に返って行った弾き語りワンマンライブは東名阪全公演soldout。
東海エリアのみで販売した限定CD「ホーム」は7日間で500枚完売。
今年は、自身初の主催フェスを地元大阪で大成功で終え、
愛知、大阪にて自身最大規模でのワンマンライブも開催。
活動を全国に広げインストアライブやイベント出演など精力的に活動中。
繊細さと力強さを併せもつ歌声とバリエーション豊かな楽曲が魅力。

平山ナミ

滋賀県出身・大阪在住。
ポップな曲も、バラードも得意とする実力派シンガー。
音楽専門学校卒業後、ダンスボーカルグループのメインボーカルを担当。
解散後、ソロボーカル「平山ナミ」として2011年12月より活動開始。
2014年に発売した1stアルバム「大丈夫」が好評を得る。
2015年3月に南堀江Knaveにて100人 ワンマンライブ満員御礼。
2016年1月に江坂ホールにて200人 ワンマン満員御礼
2017年1月に江坂ホールにて200人 ワンマン満員御礼。
発売したCDが手売りで合計5,000枚を売上げる。
リリースを続けるCDはアルバムを含め全て好評を博し
2017年1月に2枚目のアルバムが発売。
2018年1月14日umeda TRADにて300人 ワンマンライブ満員御礼。
2019年1月13日umeda TRADにて300人 ワンマンライブ満員御礼。
現在は毎週末フリーライブを行い毎月単独ライブを行っている

宇都直樹

シンガーソングライター。
ハスキーなのに不思議とキラキラとした粒子が 舞うような
4オクターブの歌声は、聴く人の心を 震わせる、
まさに『ドラマティックボイス』。
この『ドラマティックボイス』が生み出す 宇都直樹の歌は、
まるで映画の1シーンのように情景が浮かぶ。
聴く人の人生の様々な場面に寄り添う歌を
届けたいという思いを胸に歌い続ける。
2018年に放送された 日本テレビ「第5回歌唱王」で優勝。

PAGETOP